NHKマイルC 2017 出走予定馬 予想

2017年5月7日(日)

NHKマイルカップ(G1)東京芝1600m

 

いつもありがというございます。

応援クリック(^O^)/

競馬ブログランキング バナー

こちらも♪

投資ギャンブル ブログサイトランキング

 

ただいま612名に配信中!

すなっちの1点予想メルマガ
参加はこちら(無料)

 

牡馬、牝馬共に混戦模様のクラシック。NHKマイルカップの有力候補と見られていたアルアイン、ペルシアンナイト、レーヌミノルなどがそれぞれダービー、オークスへの出走を決め、3歳混合戦のマイルG1も例年にも増して混戦ムードになりそうです。昨年は2歳G1を勝ったメジャーエンブレムが人気に応えて完勝しましたが、今年はG1ウィナーの出走はなく2歳重賞と桜花賞トライアルで実績を上げた馬が人気の中心になりそうです。

 

《レースのチェックポイント》

 

近年は波乱傾向の混戦G1!

NHKマイルカップの過去10年の配当を見ると、3連複での万馬券が8回も出ている波乱傾向の高いレースです。特に近5年は10万円を超える大穴の配当も2回でており、馬連も万馬券になっています。例年クラシックで足りない馬や、距離適性の短い短距離馬が中心となるため、メンバーのレベルを図るのが難しく高配当を生む要因にもなっています。単勝オッズが100倍を超える馬も馬券になっており、10番人気以下の馬も非常に多く複勝圏にきています。今年のクラシックは牡牝の能力差が少ないと言われているため例年以上に難しいレースになりそうです。

 

トライアル組とクラシック組が馬券の中心!?

ローテーションを見ると、トライアルであるニュージーランドTと1800mで開催される毎日杯組の連対率が良いです。距離適性が短い牡馬は早い段階からここに標準を合わせたローテーションを組んでいる場合も多いためトライアルの上位組は重い印を打つことになりそうです。今年は重い馬場によってニュージーランドTが大波乱のレースとなりました。勝ち馬のジョーストリクトリと3着馬のボンセルヴィーソが出走予定ですがどちらも予想オッズは5番人気以下となっています。皐月賞から距離短縮で臨む馬も多く、こちらも複勝率は高めです。スプリングSで2着になったアウトライアーズは早くからNHKマイルカップへの参戦を表明していたため勝負気配がありますね。

 

2年連続で牝馬が3歳マイルチャンピオンに輝くか?

昨年は桜花賞からのローテーションとなったメジャーエンブレムが一番人気の期待に応えて勝利しました。ウオッカとダイワスカーレットと同世代2007年のピンクカメオ、シーザリオが日米のオークスを制した2005年のラインクラフトなど牝馬の勝ち馬もでており、レベルの高い牝馬のクラシックの世代は牝馬にも要注意です。今年はクラシック前から牝馬クラシックのレベルの高さが話題になっており、NHKマイルカップでも人気を集めることになりそうです。一番人気が予想される桜花賞4着のカラクレナイ、同コースで開催されるクイーンC2着のアエロリット、朝日杯FSに一番人気で参戦したミスエルテなど有力馬も多いです。

 

ぜ太啖貪はディープインパクト?マイナー血統にも要注意!

NHKマイルカップが開催される東京1600mの血統を見ていくとディープインパクト産駒が最も実績を残しており、複勝率は30%を超えています。次いで過去5年で2勝を上げているダイワメジャー産駒やステイゴールド産駒などクラシックでの活躍が光る血統の成績も良いですね。今年はディープインパクト産駒の出走予定馬がいないためダイワメジャー産駒のボンソルヴィーソは血統背景からコースとの相性も良さそうです。また例年マイナー血統の好走も多いレースです。マイル適性が高いと言われているフランケル産駒のミスエルテ短距離実績の高いキンシャサノキセキ産駒のモンドキャンノは今年上位人気になりそうです。

 

いつもありがというございます。

応援クリック(^O^)/

競馬ブログランキング バナー

こちらも♪

投資ギャンブル ブログサイトランキング

 

ただいま612名に配信中!

すなっちの1点予想メルマガ
参加はこちら(無料)