日本ダービー 2017 出走予定馬 予想

2017年5月28日(日)

日本ダービー(G1)東京芝2400m

 

いつもありがというございます。

応援クリック(^O^)/

競馬ブログランキング バナー

こちらも♪

投資ギャンブル ブログサイトランキング

 

ただいま612名に配信中!

すなっちの1点予想メルマガ
 参加はこちら(無料)

 

すべてのホースマンの悲願。日本ダービーがいよいよ今週開幕します。先週のオークスでは桜花賞で人気に応えられなかった、ソウルスターリングが圧倒的な能力の差を見せつけ、三歳牝馬の頂点に立ちました。今年の牡馬クラシックは牝馬に比べると例年よりレベルが低いとされており、人気馬だけではなく、どんな馬にもチャンスがある大混戦になりそうです。一冠目を制したアルアインを筆頭とした王道皐月賞組、青葉賞からの参戦となるアドミラブル、裏街道を歩む素質馬サトノアーサーなど、主役候補が目白押しのダービーとなりそうです。先週のオークスでは内枠を活かした1枠の2頭が上位を独占しましたが今週も内枠有利の馬場状態は続くのでしょうか? 目前まで迫った日本ダービーのチェックポイントを見ていきましょう。

 

《レースのチェックポイント》

 

波乱もある!?穴馬に注意の日本ダービー

昨年は上位人気3頭での決着になりましたが、過去10年で3連複の万馬券が8回も出ている波乱含みのレースです。3連系の配当に比べると連系の配当は低いため、複勝圏に一頭の穴馬が突っ込んでくる傾向があるとわかります。また10番人気以下の穴馬も4頭以上が馬券になっているため、人気薄の台頭にも注意が必要です。今年は例年以上に混戦模様と言われているため、有力馬だけではなく穴馬の取捨もしっかりと行う事が馬券的中の鍵になりそうです。

 

運が強い馬が勝つ!内枠は圧倒的有利!?

日本ダービーと言えば、古くから運が強い馬が勝つレースと言われていますが、近年の結果を見ると、それが内枠に入ることだと言わんばかりの成績が残っています。1.2枠の勝ち馬は過去10年で7頭と圧倒的な強さで、複勝圏にも6頭の馬を送り込んでいます。特に1枠は5頭の勝ち馬を出しており、有力馬が1枠に入れば絶対に無視はできません。今年はオークスでも1枠の2頭が1ワンツーを決めているため、枠順はオッズにも大きな影響を与えそうです。内枠有利のデータと比例するように外枠は凡走傾向にあり8枠は複勝圏にきた馬が1頭のみとなっています。

 

王道を歩む皐月賞組を中心に!

日本ダービーのローテーションを見ると、複勝圏に入った馬の半数以上が皐月賞からのローテーションとなっており、クラシックの王道を歩む馬達が馬券の中心になりそうです。トライアルレースとなる青葉賞は勝ち馬か、勝ち馬に僅差のタイムで入線した馬が馬券に絡んでいますが、青葉賞からのローテーションで日本ダービーを制した馬が過去に一頭もいない鬼門のトライアルとなっています。今年は青葉賞を好タイムで完勝したアドミラブルが人気を集めることになりそうですが、頭から買う際は注意が必要もしれません。今年はメンバーレベルが均衡しているため皐月賞も王道から外れたローテーションを歩んだ馬が上位に入りました。例年と違う傾向があることも頭に入れておきたいですね。

 

鉄板はクラシックに強いディープインパクト産駒!

日本ダービーと言えばやはりディープインパクト産駒が好走するとして知られています。昨年は勝ち馬のマカヒキだけではなくディープインパクト産駒が複勝圏を独占しました。2012年のディープブリランテ、2013年のキズナなど、過去5年では脚質を問わず好走しています。今年は皐月賞を制したアルアイン青葉賞を好タイムで勝ったアドミラブル、素質馬としてデビュー前から注目を集めていたサトノアーサーなど、人気馬の多くはディープインパクト産駒になりそうです。昨年に比べて人気は分け合う形になりそうですが、展開によっては上位を独占する結果もあるかもしれません。

 

日本ダービー直前情報

有力馬の中では東京巧者のスワーヴリチャードが4番に入り軸に向きそうですね。1番人気が予想されるアドミラブルは大外の18番となりました。デムーロ騎手が騎乗しますが、この枠順はレースをする上で大きな影響がありそうです。2013年に1枠1番を引いたキズナとダービーを制した武豊騎手は皐月賞で穴を開けたダンビュライトで再び好枠の1番を引きました。ルーラーシップ産駒は距離延長も歓迎なので、注意をしなければいけません。

 

いつもありがというございます。

応援クリック(^O^)/

競馬ブログランキング バナー

こちらも♪

投資ギャンブル ブログサイトランキング

 

ただいま612名に配信中!

すなっちの1点予想メルマガ
 参加はこちら(無料)